キャロル ファンキー モンキー ベイビー。 ファンキー・モンキー・ベイビー (曲)

モンキー ベイビー ファンキー キャロル

ファンキー・モンキー・ベイビー B面• のギタリスト・は、「キャロルはいろんな意味で好対称だった。

11
モンキー ベイビー ファンキー キャロル

この時代、他のロックバンドの多くが、同時代の英米のロックバンドを模して、技巧重視の音楽を展開したことに対して、キャロルは初期ビートルズを模範としてシンプルなロックンロールを志向したことが大きな特徴といえる。 そしたら矢沢さんが「いいよ。 、96頁• 「横山剣インタビュー」『週刊現代』2013年6月1日号、講談社。

5
モンキー ベイビー ファンキー キャロル

小学6年生の時にので初めてキャロルを観たというは、ステージングの衝撃は勿論、外国の翻訳曲と思っていた曲がレコードを買って、キャロルのオリジナル曲と分かって驚いたと話している。

6
モンキー ベイビー ファンキー キャロル

日本のロックバンドのライブ映像がテレビ放送されたのは、これが最初ともいわれる。 また、オリジナル曲にもその影響が多く見られる。

17
モンキー ベイビー ファンキー キャロル

特記事項 特記事項の説明文 主催者について• ロックンロールのオールディーズ風サウンド、テンションの高いライブ演奏、などのを含めたファッション性などから、矢沢永吉を筆頭にバンド全体がを持っていた。

7
モンキー ベイビー ファンキー キャロル

、170-174頁• 憎いあの娘<ボーナストラック:テレビ神奈川『ヤング・インパルス』> 1984年4月13日 78L-1 47分 6月5日 日本フォノグラム LD PHLL-3801 47分 4月5日 マーキュリー・ミュージックエンタテインメント VHS PHVL-2501 47分 2003年1月22日 ユニバーサルミュージック DVD UMBK-1524 52分 2004年6月23日 Kitty Mercury DVD UMBK-9542 52分 テレビ出演 [ ]• 、219頁• 、211-212頁• いっつも俺は首ひねってたね」「地方で矢沢とが言い合ってたこともあった」などと話している。 キャロル結成後の同年8月、の・ピーナツで初演奏。

4