日本 透析 医学 会。 第24回日本透析アクセス医学会学術集会・総会 【 2020年11月27日(金)~28日(土) 大阪国際会議場 】

透析 会 日本 医学

協賛企業の各社様 開催方法変更に伴う対応方針が決定次第、ご連絡させていただきます。

14
透析 会 日本 医学

当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。

8
透析 会 日本 医学

2020年5月14日 一般社団法人 日本透析医学会 理事長 中元 秀友 第65回日本透析医学会学術集会・総会 会長 稲葉 雅章. 指定期間内に参加登録がない場合は、演題取下げ扱いとなり、抄録集にも掲載されませんのでご注意ください。

10
透析 会 日本 医学

聴講希望の正会員の方は、入室の際に参加証の確認と会員証のバーコード読み込みをして登録して下さい。 一部の主要プログラムは、 11月2日(月)~3日(火・祝)の2日間にわたり、LIVE配信を予定し、リアルタイムにご視聴いただけるよう計画しております。 血液浄化専門臨床工学技士認定制度 認定血液浄化臨床工学技士 5単位 取得可 本会参加証コピーを日本臨床工 学技士会へご送付ください。

透析 会 日本 医学

日本透析医学会雑誌では,論文の二重投稿を禁止する.• ご参加の皆様にはこの状況下での開催にご理解とご協力を賜りましたこと、御礼申し上げます。 2016. 主要プログラム登壇者(座長・演者)の皆様 各プログラムにより配信方法が異なりますため、配信方法およびご発表データの詳細について、個別に運営事務局よりご連絡させていただきます。 外国語,外国人名,外国地名,外国薬品名などは原語のまま記入する.一般に日本語化しているものはカタカナで表現する.• 介入を行う臨床研究については、UMIN等の公的臨床試験登録機関が設置している公開データベースに登録することを原則とし、論文中にその登録機関名と登録番号を明記する。

4
透析 会 日本 医学

一般演題発表者参加登録期間 2020年8月19日 水 13:00~9月2日 水 17:00 通常参加登録期間 2020年9月24日 木 13:00~11月24日 火 18:00 一般演題の発表要件について 一般演題のご発表には、上記指定期間内に発表者のオンライン参加登録(参加費支払い決済を含む)が必須となります。 07 第57回日本透析医学会学術集会・総会(2012年・札幌)の演題を掲載いたしました。 学生・大学院生・初期臨床研修医の無料参加による一般演題発表には、下記の通り事前に身分を証明する証明書(参加費免除申請書 )を送付いただく必要があります。

10
透析 会 日本 医学

多数のご応募ありがとうございました。 Complications of Hemodialysis. 報道各社の入場を認めますが、会場の都合により報道各社1名とさせていただきます。 入場を認められた報道各社は、入場の際に報道の腕章を着けて名刺を受付で渡して入室して下さい。

2
透析 会 日本 医学

) プログラム委員 委員長 長沼 俊秀 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学) 佐藤 純彦 (医療法人社団クレド さとうクリニック) 本宮 康樹 (医療法人 翠悠会診療所) 野島 武久 (のじまバスキュラーアクセスクリニック) 大川 博永 (大川VA透析クリニック 心臓血管外科) 末光 浩太郎 (関西ろうさい病院 内科(腎臓)) 佐藤 暢 (特定医療法人 桃仁会病院 バスキュラーアクセスセンター) 人見 泰正 (桃仁会病院 臨床工学部) 小林 大樹 (関西労災病院 中央検査部) 山本 裕也 (大川VA透析クリニック 検査部) 南 伸治 (日翔会 生野愛和透析クリニック 臨床工学部) 安部 貴之 (東京女子医科大学 臨床工学部) 伊東 稔 (矢吹病院 腎臓内科) 小鹿 雅隆 (矢吹病院 アクセス科) 植田 敦志 (日立製作所 日立総合病院 腎臓内科) 木村 剛 (札幌白石記念病院 血液浄化センター) 水内 恵子 (池田バスキュラーアクセス・透析・内科) 森本 章 (愛仁会 井上病院 放射線科) 中山 祐治 (土田透析アクセスクリニック) 内田 潤次 (大阪市立大学大学院医学研究科 泌尿器病態学) 広報委員 委員長 瀧澤 亜由美 (東京女子医科大学 臨床工学部) 北村 悠樹 (特定医療法人 桃仁会病院 泌尿器科) 齋藤 慎 (公立富岡総合病院 臨床工学科) 櫻間 教文 (重井医学研究所附属病院 外科 ダイアライシスアクセスセンター) 小北 克也 (特定医療法人仁真会 白鷺病院 臨床工学科) 祖父江 理 (香川大学医学部附属病院 循環器・腎臓・脳卒中内科) 村上 雅章 (静岡県立総合病院 腎臓内科 透析アクセスセンター) 中倉 兵庫 (有澤総合病院 血液浄化センター) 浦辺 俊一郎 (倉田会 えいじんクリニック 臨床工学部) 谷山 佳弘 (近畿大学医学部 腎臓内科) 小林 広学 (旭川赤十字病院 腎臓内科) 浅井 利大 (大阪市立総合医療センター 泌尿器科) 米田 龍生 (奈良県立医科大学 泌尿器科) 寺脇 博之 (帝京大学ちば総合医療センター 第三内科(腎臓内科)) 若山 功治 (わかやま透析クリニック中野南台) 﨑山 亮一 (大阪工業大学工学部 生命工学科) 鈴木 一裕 (医療法人援腎会 理事長) 小野 淳一 (川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床工学科) 松田 浩明 (幸町記念病院 外科) 坂 宗久 (大阪暁明館病院) 前田 兼徳 (兼愛会 前田医院) 望月 保志 (長崎大学病院 血液浄化療法部) 村上 康一 (医療法人社団 誠仁会 みはま成田クリニック 泌尿器科) 実行委員 委員長 新 健太郎 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 山本 亜依 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 三浦 翼 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 森本 一弘 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 古澤 宥希 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 高橋 宏弥 (大阪市立大学医学部附属病院 医療機器部) 岩村 陽裕 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学) 松江 泰佑 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学) 吉内 皓樹 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学) 津田 壮太朗 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学) 山口 一行 (大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学). 原著,透析看護,透析技術,症例報告は表紙,要旨,緒言,目的,方法,結果,考察(結論),文献,図表の形式を備えたものとする.表紙には題名,著者名(共同著者名,いずれにも読みガナをふる),所属,連絡先,5語以内のキーワード(日本語表示可能のものはできるだけ日本語を使用する),簡略化題名,和文要旨および本文の文字数,英文要旨の単語数,図,表,引用文献の数を記載する.次頁から400字以内の和文要旨と,英文の題名,所属,著者名(共同著者名),キーワードとともに300 語以内の英文要旨を記載する.• 【事務局】 大阪市立大学医学部附属病院 人工腎部 〒545-8586 大阪市阿倍野区旭町1-5-7 TEL:06-6645-2393 【運営事務局】 日本コンベンションサービス株式会社 関西支社内 〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神淀屋橋ビル2階 TEL:06-6221-5933 FAX:06-6221-5939 E-mail: jsda24[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を に,[ど] を. 学会にて視聴履歴を確認し、視聴時間に満たない場合は単位取得不可となるため、ご注意ください。 。 なお、会場内での写真撮影、録音は認めません。

4