松尾 芭蕉 俳句。 松尾芭蕉が読んだ、旅の情緒あふれる俳句5選

芭蕉 俳句 松尾

更に言えば、北原白秋が活躍した時代は、同じく活躍した詩人・三木露風と合わせ、「白露時代」とも呼ばれるほど。 草の戸も 住替る代ぞ ひなの家 春(ひな) 行春や 鳥啼魚(とりなきうお)の 目は泪(なみだ) 春(行春) 日光 日光で詠んだ俳句のうち、始めの「あらたうと」の句は、特によく知られています。

芭蕉 俳句 松尾

7月に現在の新潟県・出雲崎に着き、この句が詠まれたとされています。 奥州北陸を経て美濃大垣まで、さらにそこから伊勢を目指し船出をするまでの約6ヶ月、行程六百里(約2400km)に及ぶ、一大行脚。

2
芭蕉 俳句 松尾

しかしその後、実際に最上川を船で下ったところ、激流であるうえに難所続きで大変な目に遭い、思わず「あつめて早し」に変えてしまったのです。 あらたふと 青葉若葉の 日の光 ああ、なんと尊いことだ。 「山路きて何やらゆかしすみれ草」の鑑賞文 旅をしていて、山道を進むうちにふと目にとまったすみれ。

芭蕉 俳句 松尾

しかし、正岡子規は、ただ端的な句を読んだわけではなく、その写実的な言葉の中に、深い意味を含ませるという技巧を凝らしていました。 芭蕉最高の秀句の1つといわれる俳句ですよ。

17
芭蕉 俳句 松尾

その後、松尾芭蕉は江戸に住み多くの俳人と交流をし、武士や商人などの街の人々に俳句を教える傍ら、数多くの作品を発表していきます。

19
芭蕉 俳句 松尾

なんともいえず、そのすみれの花を慕わしいものに思ったことだ。

芭蕉 俳句 松尾

五月雨 さみだれ を あつめて早し 最上川 五月雨を一つに集めたように、なんとまあ最上川の流れの早くすさまじいことだ。

7