怖い 絵本。 絵本『たべてあげる』が怖いと話題。その他怖い絵本といえば…

絵本 怖い

・ 最後の親の一言が、子供が最終的にこう育った原因かな、と ・ いったいどういう審査基準で通過されたのかわからん。 そこから あかりが はいってくる。

1
絵本 怖い

開けてはいけない扉だったのでしょう。 殺人を犯したことのあるカラヴァッジョが描いたとなると余計にリアルに観えてしまいますが、反面ユーディトの動きがどことなくぎこちなく思えてしまいます。 おばけが苦手なお子さんも、おじいちゃんおばけなら大丈夫でしょう。

10
絵本 怖い

著者 ["木下 蓮三", "木下 小夜子"] 出版日 2009-07-08 1978年に、木下蓮三、小夜子夫妻が手掛けた短編アニメーションを絵本に再編集した作品です。 白と黒で書かれた相異なる言葉は、くまの心の声。

3
絵本 怖い

だまし絵を探しながら読み進めていくのも楽しいですよ。

5
絵本 怖い

いろんなオバケがいろんな所から出て来るこの本は、大のお気に入りです。 見開きごとに、リスやキツネなどの「森の仲間たち」に会い、 帽子を見なかったか、尋ねていく。 その扉がどこか不思議な世界と現実とをつなぐ扉なのかもしれません。

3
絵本 怖い

物語は主人公の少年が祖母の家で暮らしている時、祖母の家の天井裏の暗さに恐れと好奇心を抱く場面から展開していきます。 誰もいない廊下の奥から不思議な電車がやってきて、あなたを冒険の旅へつれだしてしまう、そんな夜を…」 自分のよく知る風景が、突然別の顔を見せる瞬間。

12