Snowman 小説 紅 一点。 東方遺骸王

小説 一点 Snowman 紅

多方面から観察し、スキャンし、それを覚える。 子育てを丸投げするのは毎度のこと少々罪悪感もあるのだが、こればかりは仕方がなかった。

小説 一点 Snowman 紅

デコピンだけで退けたのも実にサスケらしい。

5
小説 一点 Snowman 紅

所属する班に変化が起き、少しずつ物語にも変化が起きてしまっているわけだが、このイベントが失われなかったのは嬉しい限りだ。 ありがとうございます。

小説 一点 Snowman 紅

寧ろ、濃さが増したような気がする。 俺は独力で【桜花衝】という、チャクラを拳に集中させて放つ体術を極めたのである。

5
小説 一点 Snowman 紅

「このままで?」 「うん、そのまま動かないでね」 紅は平坦な岩の地に直立したまま、緊張した面持ちを浮かべている。 これからもっともっと素敵な男に成長すると思うと…ああ、たまらないわ。 もっとも、ロック・リーの中での俺に対する認識は少し違うようで、どうやら俺は木ノ葉内で天才エリート忍者はたけカカシの再来と噂されているらしく、打倒はたけカカシを共に誓ったガイの同士であり、魂の兄弟兼ライバルという、ガイ同様の熱血漢として認識されているようだ。

1
小説 一点 Snowman 紅

伊達に魔界中のほとんどの魔人を手がけてはいない。

11