草刈り機 燃料。 草刈り機の使い方を初心者向けに解説!除草を「安全第一」で進める方法

燃料 草刈り機

グリース注入口が開いたら、グリースを注入します。

1
燃料 草刈り機

ぜひ一度ご連絡ください。 ガソリンとオイルが混じってるのですが、このキャブレターって注射針より細いパイプから混合ガソリンをちゅーと出してエンジンの中へ吸われていきます。

16
燃料 草刈り機

50:1の機械に25:1の混合燃料を入れて使用するのはOKです。 中央部品にメッシュがあったので、そこに詰まったようです。 ・正しい混合燃料を作るには指定された基準の2サイクルエンジンオイルを使用することが大切です。

燃料 草刈り機

つまりこの草刈機に使用する50対1の混合燃料を作成するには [1]が好ましく、 [2]は不適格であることがわかります。 印紙税法で定められてるからです。 ご自分で混合すれば使用時や作業時にポリ容器を使おうが構わないです。

燃料 草刈り機

50:1ガソリン1リットルに対してオイル20cc 2サイクルエンジンオイルを規定量入れたら蓋をして、 タンクを傾けて混ぜるだけなので楽チンです。 「ECHO純正2サイクル専用オイル」とはこの草刈機メーカーの専用オイルということです。 シールを外して、オープンベアリングの隙間とグリス注入口からパーツクリーナーで古いグリスを洗浄してから、高級グリースを惜しげもなく注入しました。

12
燃料 草刈り機

慣れている人には何でもない事なのですが、初めての人はちょっとドキドキの混合燃料の作成。 (2液タイプのため) 適当にヘラでベタ付けして待つこと数分でカチカチに。 草刈りやチェーンソーなど大量に使う場合は自家混合しないとお金がかかって追いつかないです。

燃料 草刈り機

僕も振り返るとまさにそれが原因ではないかと考えます。 ガソリンの量を25あるいは50で割ればエンジンンオイルの分量が割り出せます。 新しい機械なのですぐには焼きつかないと思いますが、良い刈払機とお見受けしますので、きちんと配合した「混合燃料」の使用をお勧めします。

燃料 草刈り機

これをやると、最初はものすごく調子良いのですが、しばらくするとエンジンが重たくなって来て、あれ?って思ってエンジンを止めたらそれっきり。 ニードル調整してもダメだったので、プライミングポンプで燃料を強制的に送ると調子よく回りましたので、キャブレター内のダイヤフラム(右下の部品)と判断して、交換しました。

6
燃料 草刈り機

今日、在庫のなかった燃料フィルターが届いたので交換してみました。 一つが25:1のものです。

15