只見 線 運行 状況。 只見線 運行状況に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

状況 運行 只見 線

遅延証明書 鉄道会社のHPで遅延証明書を取得できるので必要な方はネットを活用しよう | 振替輸送 振替輸送とは、お客様が支障区間の乗車券をあらかじめお持ちの場合で、列車の運転に支障があった際、当社の路線又は当社が他の鉄道会社に依頼して、お客様の所持する乗車券の区間内を、他の経路によりご利用いただくものです。 , 2020年5月18日閲覧。

状況 運行 只見 線

1972年3月15日から1988年3月12日まで急行「」が運行されていたが、現在は普通列車のみの運行である。 さらに復旧区間では福島県が施設を保有する第三種鉄道事業者、JR東日本が運行を担う第二種鉄道事業者となる上下分離方式へ移行することが取り決められ、「下」部分は福島県へ無償譲渡されることになっている。 鉄道ピクトリアル No. 複線区間:なし(全線)• 会津若松駅 - 西若松駅 - 会津本郷駅 - 会津高田駅 - 新鶴駅 - 会津坂下駅 - 会津柳津駅 - 滝谷駅 - 会津宮下駅 - 会津川口駅 - 只見駅 - - - - - - - 浦佐駅 なお、1971年8月29日から1972年10月1日までは臨時列車として運転され、只見駅から上越線経由でまで乗り入れていた。

18
状況 運行 只見 線

2005年は3月の脱線事故と前後の冬の豪雪とあいまって、半年間近くがバス代行という状態になった。

16
状況 運行 只見 線

沿線は豪雪地帯のため、冬期間は併結相手が遅延して何時間も来ないこともあったが、主要道の除雪もままならない時代だったことから、地域住民の貴重な足として運行され続けた。 - :橋りょう修繕工事実施に伴い、会津宮下 - 会津川口間が運休・バス代行(予定)。 定期列車であったが、利用度および車両運用を配慮して、冬季の12月1日から翌年の3月31日まで運休する措置がとられる特異な列車であった。

状況 運行 只見 線

道光高原の畑と、高原に続く1本道もお勧めの撮影ポイントの一つ。 Suica、PASMOのICカードの場合、定期券で定期券区間内をご利用になる場合のみ、振替輸送が可能です。 : 会津宮下 - 会津川口間が復旧。

7
状況 運行 只見 線

近くには女神の伝説が残る「鏡ヶ池」があり、まるで鏡のように周囲の景色を写しています。

18