マッカーサー jr ノート。 やはり敵陣営は詰んでいる!!!🧐🧐🧐😀😀😀ο(=•ω<=)ρ⌒☆|帰ってきたマッカーサーJr|note

Jr ノート マッカーサー

マッカーサーも、かつて父アーサーも就任した総督の座を希望しており、ケソンらに依頼しフィリピンよりマッカーサーの推薦状を送らせている。 マッカーサーは第一次世界大戦中に戦場において2回負傷し、外国の勲章も含めて15個の勲章を受章した。 結局、フィリピンが日本軍の計画を超過して、5ヶ月間も攻略に時間を要したのは、マッカーサーの作戦指揮が優れていたのではなく、大本営のアメリカ・フィリピン軍の戦力過少評価により第14軍主力の第48師団がバターン半島攻撃前に蘭印に引き抜かれたのが一番大きな要因となった。

19
Jr ノート マッカーサー

背後に上陸され虚を突かれた形となった日本軍であったが、体勢を立て直すと激しく抵抗し、第77歩兵師団は上陸後の25日間で死傷者2,226名を出すなど苦戦を強いられたが、この上陸作戦でレイテ島の戦いの大勢は決した。

Jr ノート マッカーサー

戦間期 [ ] 陸軍士官学校の校長に就任したマッカーサー 大戦後にマッカーサーは、母校である陸軍士官学校の校長に就任した(1919年 - 1922年)。 マッカーサーはまずは日本軍の兵力の少ないを攻略してその後のフィリピン全土解放の足掛かりとする計画であった。

17
Jr ノート マッカーサー

それができなければ残存部隊は山岳地帯に逃げ込みゲリラ戦を展開せよ。

10
Jr ノート マッカーサー

別に、有名になるとか、一目置かれるとかはどうでもいいです。 マッカーサーもマスコミを利用してアメリカ国民の愛国心に訴える策を講じた。

10
Jr ノート マッカーサー

コレヒドールにはアメリカ海軍の潜水艦が少量の食糧と弾薬を運んできた帰りに、大量の傷病者を脱出させることもなく金や銀を運び出していた。 B-17にはフィリピンと日本を往復するは無かったが、爆撃機隊は日本爆撃後、のまで飛んで、フィリピンとウラジオストクを連続往復して日本を爆撃すればいいと楽観的に考えていた。 父親が有名で、母親が近くのホテルに常駐し付き添っているという目立つ存在であったマッカーサーは、特に念入りにしごかれた。

11