嘘 も 方便 意味。 方便の意味・仏教での使い方とは?(嘘も方便は身の破滅?)

意味 嘘 も 方便

「ウパーヤ(方便)」は、解脱(悟り)のために必要な仏の智慧「般若(はんにゃ)」を体得する手段として欠かすことができないものとして、位置づけられています。

意味 嘘 も 方便

長者は子供たちに呼びかけました。

19
意味 嘘 も 方便

「方便」は、元々仏教用語です。

14
意味 嘘 も 方便

実際には車は用意されてなかったのです。 そこで真実の世界へ導くために、仏様がなされるのが方便です。

12
意味 嘘 も 方便

仏は形のない真理を伝えるため、人間が理解することは難しいとされています。 ゆえに、本来は「嘘」の事ではなくて、目的に近づくため、仏教においては悟る事に到達するためであったり、衆生を救うための巧みな手段・方法の事であります。 【注釈】 目的を遂げるために、時には嘘をつくことも必要になるという意。

13
意味 嘘 も 方便

「方便」と「詭弁」の違い 「嘘も方便」は、「詭弁(きべん)」と混同されることがありますが、詭弁をひとことで言うと「こじつけ」とか「無理な言い訳」という意味で、本来筋の通らないことを無理矢理に正当化することです。 手段というのは、目的を果たすためのものなので、目的から手段が出てくるのです。 これは、方便のためには、嘘をつかなければならないこともあるという意味です。

18