春の 彼岸。 春のお彼岸~おすすめのお花の種類~

彼岸 春の

春と秋の季節の節目にあるのがお彼岸。 彼岸が行われる春分の日や秋分の日は、皇霊祭といって歴代の天皇の魂をまつる神道の行事が昔から行われていました。 故人や先祖が好きだった物 生ものや匂いの強い物は避ける必要がありますが、生前故人が好きだった物を手土産として持参する方が多いよいです。

4
彼岸 春の

神道の彼岸の法事ですること 神道では先祖崇拝という考え方があるというお話をしました。 他の国にはお彼岸はないんですよ。

15
彼岸 春の

ユリをお供えする時の注意点としては、花粉を服や墓石に付けないようにすることです。

11
彼岸 春の

彼岸入り・・・・・9月20日 月• お寿司においては、昔からお彼岸に食べられていたというよりも、おもてなしの心から出すようになったと言われていますが、お寿司と言ってもお彼岸の期間中は殺生を避けることから魚の刺身ではなく、いなり寿司や五目寿司となっています。

16
彼岸 春の

春のお彼岸にお仏壇の掃除やお供えも 春のお彼岸はお墓参りに加え家のお仏壇や仏具の掃除をし、お菓子などのお供えをするということも行われます。 お彼岸にうかがえない場合は、親戚や実家にお供え物を送ることも何もしないよりはよいと言えます。 沖縄のお彼岸の過ごし方は本州とは異なる。

彼岸 春の

讀金剛般若經」とあり、崇道天皇(早良親王)の供養の為に諸国の国分寺の僧を集め、法要をしたことが記され、彼岸のはじまりとする説もあります。 お盆と違い、お彼岸は日本独特の文化です。